プロフィール

和楽昇吾、1979年東京生まれ、東京在住。

会社員時代は、業務用ソフトウェア開発・家電ベンチャー企業などでプログラマーとして15年間従事。東日本大震災をきっかけに、「気になることは全部やろう」と考えるようになり、転職やバンドの立ち上げ・新たに柔道を習い始めるなど、休日も全力で過ごすようになる。30代後半になり今の仕事が自分の天職であるかを考え始めた際、知人より紹介された江原ちえ氏のセッションを受け、自分がどういう働き方を望んでいるか、何を生涯の仕事としていきたいかなど、自分自身の価値観を再認識する機会を得る。その後、同氏の養成講座にて1年間カウンセリング技術を学ぶ。その後、コーチングを赤木広紀氏に師事。

「好きなことを長く続けながら働く」生き方をテーマに、コーチング・プログラミング・音楽の三本柱で活動することを決意し、2020年より独立。主にオンラインでの聞き屋のセッション、スマートフォンアプリ開発などに携わる。

開業以降、2年間で約50名へ150回以上のセッションを行う。(2021年11月現在)

趣味ではジャズのサックス演奏を20年以上続けている。リーダーバンドで各地のジャズフェスティバルに参加。プログラミングスクール 42Tokyo在籍。その他に好きなことは、自炊・料理、ジムトレーニング、柔道、秋田犬、サウナなど。

好きな食べ物は、魯肉飯、餃子、鰻、坦々麺、果物。
好きな言葉は、質実剛健、気になることは全部やる。

Twitter: @waraku_coaching
note: @waraku55